英語学習の3つのポイント

「海外旅行をしたときに現地の人と英語で交流をしたい」「仕事で英語が話せることが必要」「英語が話せるとかっこいい」勉強する理由はさまざまですが、英語を身につけたいと思っている方は少なくないと思います。

そこで、英会話教室に通ったり、参考書を使ったりして勉強を始めることでしょう。では、その方法で英語は身につきましたか。英語が身につかないのは、勉強方法に原因があります。ここでは、日常英会話ができるようになる勉強方法のコツを紹介します。

英語の基本的な文法を覚える

たくさん英語を聞くことで耳が英語に慣れてくるので、英会話教室に通うことは無駄ではありません。しかし、中学レベルの英語がわからない人がいきなり英会話教室に通っても、聞き取ることが難しいし、会話の内容を理解することが難しく、これではなかなか英語が身につかないことでしょう。
たくさん英語を聞く以前に、英文法を知っていることが大切です。

「日本語の文法を知らなくても話せるんだから、英語も文法を知らなくても話せるはず」と思うかもしれませんが、母語と外国語では違います。母語は生まれたときから常に耳にしているので、文法を学ばなくても自然に話すことができます。しかし、外国語には外国語の文法のルールがあり、それは日本語とは違います。

あなたはサッカーのルールを知らなかったとします。ずっと試合を見ていればいずれルールがわかってくるかもしれませんが、それには時間がかかります。最初からルールを教えてもらえれば、試合を見て学ぶよりもずっと早くルールがわかります。
英語もこれと似たようなものです。基本的な文法を知っていた方が単語のつなげ方がわかり、英語を理解しやすくなります。

単語をたくさん覚える

英語を聞いたり読んだりするとき、単語の意味を知らないと文章の意味も理解できません。日本語でも単語の意味を知らないと話している内容や読んでいる内容がよくわからないのと同じです。日本語であれば文脈からわからない単語の意味をある程度推測できますが、わからない英単語を文脈から理解するには、文法を知っている必要があるし、前後の単語も知っている必要があり、日本語よりも推測するのがずっと難しいです。

たくさんの英単語を知っていれば、会話の意味がわかってきたり、読んでいる意味がわかってきたりすることでしょう。

単語を覚えるために使いたいものが単語帳です。単語帳を使うときにはコツがあります。

1つの英単語にはいくつかの意味があり、どの場面でどの意味が使われるのか判断する必要があります。それを知るために役立つものが例文です。例文からどういったときにどのような意味で使われるのか学べるので、例文が載っている単語帳を選びましょう。

人間の脳は重要でないものを覚えてくれません。何度も触れるものは脳が重要だと判断します。単語も何度も触れることで記憶に定着してくるので、1日に何度も単語帳を読み返してみましょう。

問題集を繰り返し解く

インプットだけでなくアウトプットも大切です。アウトプットをするには思い出す必要があります。思い出すことで記憶に定着してきます。
アウトプットのために活用したいものが英語の問題集です。中学の英語を復習するための問題集や受験対策用の問題集などあるので活用してみてください。

問題集を活用するときのコツは、同じ問題集を繰り返し使うことです。同じことを何度も繰り返すほどに記憶に定着します。草が生えている場所でいつも同じ道を通っていると、その部分だけ轍ができます。学習も同じことを繰り返すことで轍ができるように脳に定着するのです。

問題を解いているとできたところとできないところが出てくると思います。できなかったところには印をつけて、その問題を解けるようになるまで何度も繰り返し行います。何度も何度も問題を解いていると、いずれ問題集1冊をすべて間違えずに回答できるようになってくることでしょう。間違いが出るということは、何度も同じ問題集を使っていてもまだ理解できていないところがあるということです。1冊の問題集でも深く学ぶことができます。

英語をペラペラ話せてすらすら読めるように

英語学習のポイントは、文法を理解する、単語を覚える、問題集を解く、この3つです。文法と単語を理解していないと問題集を解くことは難しいので、まずは文法と単語の勉強を始めてみるとよいでしょう。

勉強なんて大変そう、面倒だと思うかもしれません。しかし、何もしなければ英語を話せるようにも読めるようにもなりません。英語をペラペラ話せて、すらすら読めるようになりたいと思いませんか。英語を話せるようになれば海外旅行をしたとき、現地の人と交流することができます。仕事で外国人と接するときに困りません。読めるようになれば、海外文学が日本語に訳される前に楽しめます。

英語学習の先には楽しい未来が待っていることでしょう。それを考えれば英語の学習も楽しくなってくることと思います。

まずは書店に出かけましょう。書店に行けば英語文法の参考書や英単語帳がたくさんそろっています。自分が学びやすいと感じるものを選んでみてください。毎日少しでもいいので何かしら行動を起こせば、未来は変わってくるはずです。

家庭の貯金をちょっとでも増やす工夫

毎月の家計にやりくりって結構大変ですよね。今月あと少しあれば・・・あと1万円あれば・・・と思ったことは誰でも一度や二度はあるはずです。

もちろん収入が増えればこういった問題は解決できますが、収入を増やさなくてもちょっとした工夫でうまくやりくりするだけで、毎月少しでもお金を浮かせて貯金に回すことができる方法をいくつか紹介したいと思います。

楽しくためるために必要なこと

まずはお金貯める時目標を定めます。1年で~万円貯めるなど大まかなものでかまいません。そして毎月いくら貯金するか計算をして、それを収入から引き生活費を考える逆転発想です。

貯金額低と生活できない、そんなことはないです。どこか必ず無駄があるものです。貯金額決まれば浪費しやすい生活費まわりをいくらすべきか確定させて、その分で生活をしていきます。自分で振込というアクションを起こし貯金するのは難しく、毎月決まった額を振り込み貯金しようとすれば、今月厳しいのでやめようなど甘えも生まれます。

貯金得意な方は給料振込と同時に引き落とされる積み立てを使ってるケースが多いです。積み立てのメリットは貯金する行動を自動化してくれます。そして、もっと大事なことがあり、ためることを楽しむことです。

お金がたまれば旅行行きたい、美容グッズ解体など小さな目標を持つことも溜める楽しみとなります。楽しくするには金利低い定期預金よりちょっと高い利回り期待できる金融商品えらぶのも選択肢です。

バランスの取れた食事をする

主婦が成功しやすい節約術に食費節約がありますが、初め食費を決めて、その中で済むようにしてください。目安は一人月1万円以下で計算することです。そして家族の健康維持するのに栄養バランス取れた食事も大事です。

ポイントは栄養価が高いがやすい食材を選ぶことです。ハンバーグは肉がたっぷりで作ると高脂肪になりますが、お肉におから等混ぜてヘルシーになりながら節約が可能です。こうした食材返還に加えて旬の食材選ぶことも節約になります。

そして低価格のファストファッションの流行もあり、季節ごとたくさんの服買ってないでしょうか?

家にたくさん服がある人はまず着る物を整理していきます。いっきに整理できなければ1枚買ったら1枚捨てると決めてください。すると買う時も慎重になり、自然と持ってる服の中できないものはっきり見えてきます。結果的に本当に着る物しか残らないので服買いに行く頻度が減って節約になります。

目的別に口座を持つことが大事

将来を考え貯蓄したい主婦は多いですが、うまくできない方が少なくないです。毎月必要な生活費を把握してなかったり固定費知らないようではお金貯めることむずかしいかもしれませ。

むやみに節約するのでなく、まず毎月のお金流れ把握して計画性をもって貯蓄をしましょう。そしてお金貯められない主婦の生活習慣を見ていきますが、毎月の支出正確に把握してない、家計簿をつけずお金の流れ見えてないなどあります。こうした方は気づかないうちにお金たまらない生活になっています。

そして家計簿を作らない人は無駄な買い物をしても見つけられません。お金たまらない生活臭あkンかけるとき、まず家計簿を見直しましょう。主婦がお金貯められない理由は貯蓄の目的はっきりしてないことも要因となります。目的を持っていてもプランたてなくては意味がなくて、住宅資金は~年後までに1千万など目的以外に目標額もセットで考えましょう。目的別に銀行口座分けるのもいいでしょう。

大きな問題が起きない方法

夫婦それぞれ収入あるとき、世帯主が生活費だけ渡すケースは収支一本化されてなくて無駄に発生するケースがあり、会計を1本化して家庭としてのお金の流れを把握します。

お金ためられないかたの習慣には収入から生活費を引いて残り貯金することがありますが、これだと毎月の貯蓄ばらばらで赤字要因となります。収入入ったら一定額を貯金し、残り生活費で使う方法にしてみれば自動でお金がたまるはずです。

そしていま日本は低金利時代です。ペイオフなら大きな問題が起きませんから、金利高い銀行を利用して効率的にお金貯めましょう。またクレジットカード利用はたまらない要因ですが、うまく使って大きいメリットをうめます。

後払い管理が苦手な方は、事前チャージ式のスマホ決済などがいいです。事前チャージ式のキャッシュレス決済サービスは無駄な利用ができずお勧めです。自動積み立てを利用してみればお金たまります。

誰にでもなる可能性があるマスク依存性の原因と克服の方法

マスクと言えばインフルエンザの予防や花粉症の季節につけるという認識がありますが、最近は1年中マスクを手放せないという「マスク依存症」の人が増えています。

お洒落のためにかける度が入っていないメガネを「伊達メガネ」と言いますが、衛生的や健康的な理由もなく毎日使うマスクも「伊達マスク」として利用者が急増しているようです。

ではマスク依存症になる理由や心理などは一体どんなことなのでしょうか?

マスク依存症になりやすい人とは?

自分の顔にコンプレックスがある

女性は普段メイクをするのが当たり前になっていると、たまにスッピンで出掛ける時に顔を隠すためにマスクを使ったのがきっかけでマスク依存症になるという人もいます。それがエスカレートしてマスクで顔を隠さないと人前に出ることができなくなるほど自分の顔が気になるというなら、それは「醜形恐怖症」という強迫性障害かもしれません。

精神疾患の1種である「醜形恐怖症」は、他人から見ればなんてことない些細な欠点に過剰なまでのコンプレックスを持ってしまい、隠そうとするためにマスクに依存して、さらには人と会うこと自体避けるようになり、仕事にも行けなくなる場合もあります。

他人とのコミュニケーションが苦手な人

最近はSNSで文字だけのコミュニケーションが主流となっているので、お互いの表情を見ながら感情を読み取る必要もなく、表情から相手の心情を察知するのが苦手な人が増えています。

面と向かってのコミュニケーションになれていないまま社会に出て人間関係にストレスを感じる人が多く、ついついマスクで自分の表情を隠して、相手が自分の表情を読めなくなることで安心することができるんですね。

コミュニケーションを取るのは苦手だけれど、引きこもるという手段はとりたくないという人がマスク依存症になりやすいと言えます。

マスク依存症の原因として考えられること

表情を見られたくないから

顔自体にコンプレックスがある場合ももちろんですが、ついつい笑顔が引きつってしまうのを見られたくなかったり、慢性の鼻炎で口が開いてしまうのを隠したかったりと、マスクがあることによって人とのコミュニケーションに自信が持てるようになることから、マスク無しでは生活できなくなる人もいます。

例えば突然人前で何かを発表しなければいけなくなった時に、極度の緊張から何もできず恥ずかしい思いをしたことがトラウマになっていたり、自分が不安になっているのを悟られることを恥ずかしいと感じているので、マスクによって自分の心理を隠して安心感を得ることができるのでしょう。

口臭が気になるから

マスクで口臭を抑えないと、安心して人と話ができないという人もいます。

この場合も誰かから口臭のことを指摘されて傷ついた経験がトラウマとなっていたり、他人の口臭が気になるあまり過度に自分の口臭を気にし過ぎていたりする場合があるでしょう。

他人とのコミュニケーションが面倒くさい

コンプレックスや口臭の場合は他人とコミュニケーションを取る事が前提の原因ですが、中には他人と話すことさえ避けたいという気持ちからマスク依存症になる人もいます。たまにはそんな気持ちになることが誰にでもありますが、やはり毎日ということになれば心配な症状と言えますよね。

「自分と話をしていてもきっとつまらないに違いない」という被害妄想から始まり、しまいには人と話すこと自体が恥ずかしいという気持ちになり、コミュニケーションを避けるようになります。

他人とコミュニケーションを取る場合は、時として自信のない部分が相手に伝わってしまうというリスクを補うので、そんな自分をマスクで防御しているのでしょう。

癖になってしまった

冬場や花粉症の季節になるとマスクが習慣になりますが、それが定着してしまったために、無意識のうちにマスクをしているという人も意外に多いようです。食事を食べる時までマスクの存在に気が付かないこともありますが、この場合はマスクをしないように気を付けるだけで克服できる依存症と言えるでしょう。

マスク依存症のデメリット

マスクをしていることで会話をしている相手にとっては表情がわかりにくく、そのうち人間関係が疎遠になってしまうので、孤立してしまう可能性もあります。

またマスク自体にもデメリットがありますよね。消耗品であるためにお金がかかりますし、エコという観点からも地球に優しいとは言えません。またマスクと肌がこすれてニキビなどの肌トラブルが起こったり、初対面の相手にとっては顔の半分が見えないので、とっつきにくいイメージを与えたり、声がこもって聞き取れない場合もあります。他にもメガネがくもりやすかったり、知り合いに会っても気付かれなかったりと、あらためて自分でマスクのデメリットを考えてみましょう。

マスク依存症を改善するには?

少しずつマスクをする時間を減らす

マスク依存症になってしまった場合は、いきなりマスクをしないとなると難しいので、徐々にマスクをつけている時間を減らしていくのがオススメです。始めは一人で過ごすときから始めて、人の少ない場所でという感じにして、マスクのない状態に慣れるところから始めましょう。

ふと「マスク無しでも意外と大丈夫かも」と思える瞬間が徐々に増えていけば、依存症から脱出できますよ。

自分自身を認める努力をする

コンプレックスや表情を隠したい、つまり自分の弱点を人に知られたくないという心理からマスク依存症になります。これを改善するには自分自身が自分を認めて肯定することが必要になります。

と言っても難しく考える必要はありません。例えばメイクやネイルをして自分をキレイに見せることで外見に自信を持てるようにしたり、資格や趣味を極めて目標を達成することで内面から自信をつけたりと、自分にちょっとした変化を与えるのもオススメですよ。

周りに協力してもらう

どんな依存症にも言えることですが、マスク依存症も一人で克服するのは難しいと言えます。

マスク依存症になってしまうのは、自分に自信がなかったり対人恐怖などの問題を抱えていたりする場合が多いので、精神的な問題を解決することが改善につながります。もし周りにマスク依存症の人がいたら、いきなり「マスクはやめなさい」と否定するのではなく、「マスクしない方が素敵よ」などとさりげなく声をかけてあげましょうね。

どうしてもマスクがないと不安で外に出かけることができないというなら、心療内科などを受診して適切な薬を処方してもらうなど、医者の力を借りた方が良い場合もあるので、自分1人で抱え込むのはやめて早めに受診するのがオススメです。

マスク依存症度チェック!

以下の項目の中で3つ以上当てはまるモノがあれば、マスク依存症の傾向があると考えられます。

☆風邪・花粉症という理由がないのにマスクをすることがある
☆入浴中以外ずっとマスクをしている
☆外に出る時はマスクをすると安心できる
☆人と話をする時はマスクをしていると安心する
☆人と話すのが煩わしいからマスクをする時がある
☆口臭を隠すためにマスクをする
☆冬以外でもマスクをよくする
☆写メを撮る時はマスクをしていないと恥ずかしい
マスク依存症の兆候がある場合は早めの対処を!

少しでもマスク依存症の兆候が見られるなら、依存症になる前に対処するのが効果的となります。

今回ご紹介したマスク依存症の原因や対処法を参考にしていただいて、これからより良い人間関係を築いていけるように改善していきましょう。

諦めないで!出来てしまったセルライトを解消する3つの方法

太ももやお尻に出来てしまったセルライトを見つけた時ってショックですよね。

とは言え出来てしまったから仕方がない…と諦めてしまえばそこでおしまいです。

セルライトは自分で撃退することもできますし、予防することもできるんですよ。

今回はセルライトについてのあれこれをまとめてみました。現在セルライトでお悩みの皆さんは必見です!

セルライトのボコボコっていったい何なの?!

セルライトは、簡単に言うと脂肪と老廃物の固まりです。特にお尻や太ももにできやすく、一度できてしまうとなかなか取れにくく、さらに代謝も悪くなるので、むくみや冷え性と言った症状の原因となる場合もあるでしょう。女性特有の症状だと思っている方も多いでしょうが、実はセルライトは肥満体型や新陳代謝の悪い男性にもできます。

セルライトができてしまう原因は人それぞれですが、自然に消えることはまずありえないので、原因を知ってそれに合った対策を行いましょう。

セルライトができる原因と予防法

運動不足による脂肪の蓄積

「美容と健康のためには適度な運動を」とよく言われますが、運動不足だと脂肪は増える一方で、セルライトを作り出す直接原因となるでしょう。

脂肪が増えるのを防ぐためには、ある程度体内に筋肉を必要とします。代謝をアップさせて脂肪を燃焼させるためにも、運動によって筋肉を増やし、それを上手く使いながら基礎代謝をアップさせましょう。

食生活のバランスが悪い

脂質や糖分の摂り過ぎは血中のコレステロールや体内の脂肪が増える原因となるので、セルライトを増加させます。特に添加物や保存料が含まれている食品は脂肪が蓄積されやすくなりますが、日本の食生活はどんどん欧米化してきているので、セルライトを意識しながらバランスの良い食事を心がける必要があります。

ある程度の脂肪は必要ですが、やはり摂り過ぎは血行も悪くなり、せっかくセルライト対策を行っても意味がなくなってしまいます。完璧にオーガニックの食生活を送れと言っても難しいので、できるだけオーガニックの食材を使うようにしましょう。

睡眠不足

ダイエットをするには十分な睡眠が必要だという話を聞いたことがありませんか?寝ない方が痩せるというイメージはありますが、実は睡眠不足になると食欲が増加してしまうので、普段よりも食べる量が多くなってしまうのです。また寝不足が続くと自律神経が乱れますが、それによって代謝は悪化して、脂肪が蓄積されやすい、つまりセルライトができやすい体質になってしまいます。

特に「ゴールデンタイム」と言われている午後10時~午前2時までの間に質の良い睡眠を確保することで、美容にも健康にも良いと言えるでしょう。

老化

若い人にはあまりセルライトで悩んでいる人はいませんよね。それもそのはず…悲しいかなセルライトは老化現象の一種と言えます。

老化現象によって筋力が低下しますが、それによって脂肪の重みを支えきれなくなった状態が「たるみ」です。たるみは血管やリンパを圧迫するので、体内を巡って排出されるはずの老廃物が体内に溜まってしまい、脂肪細胞と付着してセルライトとなります。

しかし日頃から身体を鍛えている人は、老化が原因のセルライトはできにくいと言えるでしょう。

ストレス

ストレスとセルライトはあまり関連性がなさそうですが、実はストレスは精神的な問題だけではなく肉体的にもダメージを与えます。

ストレスが溜まることによって「アドレナリン」「ノルアドレナリン」というホルモンが分泌されますが、これらは血管を収縮させる働きがあるので、血流が悪くなり、脂肪や老廃物が溜まりやすくなります。

自分なりのストレス解消法を見つけて、その日のストレスはその日のうちに解消するようにしましょうね。

タバコ

健康に害を及ぼすと言われているタバコですが、実はセルライトが増える原因でもあるんです。

タバコに含まれている「ニコチン」が体内に入ると、血管が収縮して血行やリンパの流れが悪くなります。これによってセルライトを始めむくみや冷え性など様々な症状の原因となるので、ダイエットをするならタバコは控えた方が良さそうですね。

なかなか無くならないのは何故?

一度できてしまったセルライトは頑固で、運動や食事制限だけではなくなりません。意外なことにそれには美容成分である「コラーゲン」が関係しています。

コラーゲンは顔だけではなく体内の至る所に存在して、細胞や組織を固定して肌の弾力をキープしています。セルライトは血管から離れて浮いている状態ですが、コラーゲンはこれを何とか固定しようとして大量に放出して、セルライトをカプセル状に包み込んでしまいます。その結果外からの栄養分や酸素が行き届かなくなり、代謝されることもなくそのまま残ってしまうんですね。

さらにセルライト周辺の血管を圧迫して血行を悪くするので、周囲の脂肪細胞もセルライトに変えてしまい、どんどんと増えてしまうという悪循環が始まる可能性もあります。

セルライト解消法

セルライト解消をご紹介しますが、重要なポイントは焦らない事です。これだけは肝に銘じておいてほしいのですが、セルライトはすぐには消えません。ご紹介する解消法は少なくとも3か月は継続しないと効果が表れないので、すぐに諦めないように根気よく継続してくださいね。

マッサージ

マッサージは血行を良くしてくれるので代謝が良くなり、セルライトに効果的なのはもちろん、セルライトができにくい体質に導いてくれますよ。

太もものマッサージ

太もも全体を両手でガシっと大きく掴み、ひざ上から付け根までさすり上げながらリンパの流れを良くします。

全体的に温かくなってきたら、太ももを先ほどよりも強く握って、そのまま手首をひねりつねります。

仕上げに太ももを全体的に叩きましょう。

お尻のマッサージ

お尻と太ももの境目に付いた脂肪を指でつまんで、ゆっくりと上に引っ張り、またおろします。これを何回か繰り返してからお尻全体を両手で持ち上げるように思いっきり上げます。

最後にお尻全体を叩きましょう。

セルライト除去クリームとエクササイズ

市販されているセルライト専用のクリームがありますが、こちらもすぐに効果が期待できるとは限りません。基本的に毎日塗るようにして、それにプラスしてエクササイズを取り入れますが、セルライト除去クリームには脂肪を燃焼させる働きがあるので、塗った後にエクササイズをすると効果が出やすくなりますよ。

エクササイズは「脚上げ」が効果的です。椅子の背もたれなどに両手を置き、まずは片方の脚ですが、勢いをつけずに90°後ろに上げ下げします。これを20回続け、反対の脚もおなじようにします。次に片方の脚を真横に90°勢いをつけずに上げ下げして、左右20回ずつ行います。

食生活に気を付ける

セルライトができるということは、脂肪分を摂り過ぎている傾向が強いので、摂取カロリーを減らしましょう。

と言っても日々忙しい中カロリー計算をするのは大変なので、1日のうち比較的ゆっくりと食事の時間が取れる夕食で実践してみて下さい。例えば外食なら焼き鳥やお蕎麦など低カロリーのメニューをチョイスしたり、自炊するなら豆腐やささ身など高たんぱく低カロリー食品にしたり、今はやりのスムージーなどで置き換えダイエットをしてみるのも良いですね。

頑固なセルライトを除去するには地道な努力が必要!

決して見た目が良いとは言えない「セルライト」には、できれば消えてほしいですよね。しかし簡単にはいかないのがセルライトの特徴でもあります。

できるのは簡単なのに消すのは難しいという、なんともタチの悪いセルライトですが、だからこそ時間をかけてゆっくりと撃退してやりましょう!

いつまでも若くいたい!そんな人の為に教えたい、若々しくいるために必要なこと

若々しくいるために、何か努力をしていることってありますか?誰もが年を取ることについて思うところはあります。その中でも特になるべく年を取りたくない、若々しくいたいと思うことは多く、若々しくいるために努力をしていないと、あっという間に人は年相応、またはそれ以上の外見や内面へと変わっていってしまいます。若々しくいたい、そう思っただけで若々しくいられるほど、現実は甘くはありませんよね。

しかし、若々しくいるために何かをしたい、そう思ったのであればチャンスだと思ってみましょう。その思えたのであれば、若々しくいるための努力や心掛けを日々やっていくことが出来るはずです。

今回はそんな若々しくいたいと思った人のために、いつまでも若々しくいるに必要な秘訣やコツ、考え方について紹介をしていきます。若さの秘訣は何なのか、早速見ていきましょう!

若さとは?

そもそも若さって何なのでしょうか?人によって、若いと感じることってバラバラだと思いますが、その中でも不特定多数の人に、そして自分自身でも若いと思える人間になれれば、人生もどんどん楽しく過ごせていけそうですよね。そこで、若々しくいるために必要な、若さの意味について見ていきましょう。

外見的な若さ

若々しい…と多くの人が思える特徴は、外見的な若さですよね。肌にハリがあったり、背筋がシャンと伸びていたり、男性の場合には適度な筋肉があると若々しいと感じますし、若々しくいるために努力をしているんだな、と一目でわかりますよね。

外見的な若さは、若々しくいるために努力をしているんだな、と誰もが思える特徴を持っていること。特徴さえ掴めば、外見的な若さはあっという間に手に入れられるので、あっという間に自分に自信をつけることも出来ますよ。

内面的な若さ

内面的な若さは、接することによって感じられる若々しさですよね。若々しくいるためには、内面的な若さは必要不可欠です。やはり内面が若々しいと、エネルギッシュで、元気があって、いつでもやる気に満ち溢れている雰囲気が漂うことになるので、自分も周りの人も明るい気持ちになっていきます。
内面的な若さを手に入れるのは少々心掛けが必要ですが、誰もが意識をすれば出来るものでもあるので、自信を持って心掛けていきましょう!

両方合わさって、若々しく見える

本当に若々しいと感じる人は、外見も内面も若々しさを感じられる人ですよね。若いなぁと思う人って、だいたい外見も若々しく、表情や佇まいも力強く明るく内面の若さが滲み出ています。

若々しくいるためには、外見的な若さ、内面的な若さの両方が必要となるので、この後紹介する若々しくいるために必要な秘訣やコツを、しっかりとチェックしてみましょう。

内面を若々しくいるためにはどうすればいい?

まずは若々しくいるために、内面について意識をしてみましょう。内面の若さの秘訣を身に付けてしまえば、それが雰囲気となって、外見にも魅力的な影響を及ぼしていきます。若さを維持していくための根本的なポイントとなっていくので、是非身に付けていきましょう。

明るい考えを持とう

ポジティブな明るい考えを持っている人って、エネルギッシュで若々しさを感じませんか?一緒にいると自分も明るい気持ちになって、気分も良くなりますよね!

明るい考えを常に心掛けていると、気持ちも上向きになっていくので、若々しくいるための努力もしやすくなります。生きていれば暗い気持ち、落ち込んでしまうこともありますよね。しかし、これは自分にとってのチャンスで、乗り越えたらきっと素敵なことが起きると信じてみると明るい考えを持ちやすくなるので、前向きな考えを心掛けてみましょう。

気遣いや思いやりを忘れないようにしよう

気遣いや思いやりが感じられない人って、心の余裕がなく、冷たい印象がありますよね。一緒にいてもつまらないですし、嫌な気持ちになる時のほうが多いかと思います。

若々しくいるためには、周りの元気なエネルギーを常に貰ってこそ保てるものでもあるので、周りの人には気遣いや思いやりを忘れないように意識をしてみましょう。そういった振る舞いをしていれば、自分にとって良いことや、素敵な出来事が舞い込んでくるようになります。
嬉しい出来事があると、子供みたいに舞い上がってしまいますよね。若々しくいるためには、そんな気持ちにどれだけなれるかが重要なのです。

ストレスはどんどん解消していこう

ストレスが溜まっていると、気持ちも沈んでいき、いつしか体調も崩してしまいます。そうなってしまうと若々しさではなく、どこか老いているような雰囲気になってしまい、逆効果になりますよね。

ストレスは実際に内面、外見を実年齢以上に老けさせてしまうもの。若々しくいるために、ストレスは大敵となってしまうので、上手くストレスを発散していき、老けてみえる原因を排除していきましょう!

外見を若々しく見せる秘訣とは?

外見を若々しく見せる秘訣は、特徴さえ掴めば簡単である、というものです。内面よりも外見は簡単なので、内面の若々しさを向上しつつ、外見で若々しくいるためのモチベーションをどんどん高めていきましょう。

常に身だしなみには気を付けよう

常に身だしなみに気を付けることは、若々しくいるためにはとっても重要なものです。身だしなみが乱れていたり、不潔感が漂っている人を見ると、若々しさって感じられませんよね。

若々しいという印象は、ポジティブな印象でもあります。人から良く思われることが若々しい外見の特徴とも言えるので、誰もがポジティブな印象を抱けるように、まずは身だしなみは常に気を付けて、基本的な若さをキープしてみましょう。

メイクやヘアスタイルに気を配ろう

女性であればメイクやヘアスタイル、男性であればヘアスタイルの他に適度な筋肉が付いている筋肉など、パっと一目で見てわかるような特徴は若さの象徴になるので、是非身に付けておきたい外見の特徴です。

これらの特徴を身に付けるのは、少し努力が必要なので、人によってはちょっと苦手…と思うものもあるでしょう。しかし、自分なりにやってみることがストレスなく、楽しく若々しくいるためには必要なものなので、雑誌などを見たり、美容室にいって研究してみましょう。

運動などに関しても、苦手な人は少しずつでも◎。心掛ける姿勢自体が若さともなるので、結果は遠くに位置していても何も問題はないのです。やってみようという気持ちだけでも十分なので、少しずつ自分のペースで気を配っていきましょう。

年相応の服装にセンスを光らせよう

若々しくいるために努力をしたいけれど、無理していると思われるのが怖い…というのも正直な本音だと思います。周りから痛い目で見られるのであれば、若々しくいなくても良いと思ってしまいますよね。

しかし、無理をしていると思われてしまうのは年相応からかけ離れている場合のみなので、そう簡単にそんな目で見られてしまうケースはほとんどありません!服装については、自分の年代にあったファッションや、女優などの服装をチェックしてみると、イメージも付きやすいと思うのでオススメです。
まとめ

いつまでも若々しくいたいと思っていても、そんなの無理かも…と諦めてしまいそうになりますよね。若々しい人はとても魅力的で輝いていて、自分とは違う存在に思えてしまうのも当然です。

しかし、ちょっとした意識や心掛けをしてみるだけでも、人は若さを取り戻すことが出来るのです。誰もが若さを持っていた、それは紛れもない事実。持っていたものは取り戻せるものでもあるので、少しずつでも自分なりに努力をしていき、輝く若さを手に入れていきましょう!