デートクラブで合法的にお付き合い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男女の出会いの形は多種多様です。もちろん、求める形も人それぞれであることはいうまでもありません。

体だけの割り切った関係、パパ活、浮気、愛人希望など本当に様々な形、そして様々な属性の男女が異性との出会い、そして関係を作りたいと考えているわけです。

そして、こうしたニーズが数多くあるからこそ、ビジネスが生まれてきます。そして、合法的にかつ有料で出会いの場を提供していくのが会員制のデートクラブになります。

どんな方々が利用しているのか

では、具体的にどんな方々がデートクラブを利用しているのでしょうか。もちろん、出会いを求める男女であることはいうまでもありません。

そして、どんな男女が?というのがポイントになります。まず、こうしたデートクラブの登録にはもちろんのことながら、会員になるために会費だけではなく、条件が男女ともにあることはいうまでもありません。

男性側については、収入や社会的な地位がポイントになってきます。また、どんな女性を求めているのか、これがキーとなってくるでしょう。
むしろ、女性の方がハードルが高くなります。男性の会員がこれだけハイクオリティであり、女性に対して求めるものが必然的に高いクオリティになってきてしまうからです。

デートクラブ利用のメリット

まず、デートクラブの利用メリットとしてあげられるのは合法的であるというてんです。いわゆる風営法に関しては一切関係なく、いわば出会いを提供する事業として行政に届け出を行なって事業を営んでいます。

実際にはまず男性側のメリット。なんといってもなかなか自分ではは探し出せないような女性を簡単に探しやすいことだといえるでしょう。それも最初から条件を提示するにあたり、愛人、浮気と言った自己都合も含みを持たせての出会いが可能なところです。

そして、女性側ですがもちろん、ハイソな出会いを求めるにあたり、簡単なことはいうまでめありません。しかしながら、最初から条件が高いこともあり、自分磨きが必要になることもありますが。

具体的にどんなクラブがあるのか

では具体的にどんなデートクラブがあるのでしょうか。別に収入や社会的な地位という画一的なデートクラブばかりではありません。
もちろん、男女の趣味嗜好、どんな出会いや月井を求めているかといった観点からさまざまなデートクラブがあります。
場合によってはかけもちの会員登録をすることもあり得るわけです。

しかしながら、全てにおいて共通しているのはデートクラブは最初の出会いだけは仲介しながらも、あとは自由に交際を進めるというところでしょう。実際に最初の出会いのプロデュース、それもかなりの厳しい条件をクリアする上でというのは難しいものです。デートクラブの事業運営にあたり、まずはこれが基本になっているのは大前提です。

需要と供給は尽きない

デートクラブについては人口が多い大都市を中心に運営が行われています。
それも多種多様な事業体がありますので、かなりの数のデートクラブがあるわけです。

それでも事業として成立するわけですから本当に需要と供給が伴っているからだといえます。日本はなんといっても高所得層も多いわけで、男女の出会いについても様々なニーズがあります。既婚者であろうとなかろうと。それも男女を問わず。簡単にいえば、需要と供給がバランスがとれているからこその話でしょう。

今後のデートクラブも人口が減ってきても、こうした出会いの場をプロデュースしてほしいというニーズは減らないはずです。よって業界としては引き続き、繁栄していくことになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。